The Dramanians 海外ドラマを真面目に見るブログ

2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月
ARCHIVE ≫ 2016年07月
      
≪ 前月 |  2016年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Game of Thronesとベルセルク

現地米ではシーズン6が終了して間もないのに
すでにシーズン7の話題でもちきりの人気作。
ゲームオブスローンズを見ているというだけで友達ができるので
留学や長期の渡航の予定のある人は必見。

そして、全く驚きはないけれど
日本の人気とは大きく差がある作品の1つ。
中世のヨーロッパ的な作品はウケが悪い。

個人的にはどちらもそれほどファンではない立場から言うと
ゲームオブスローンズを見ているとベルセルクを思い出す。
ベルセルクの方が強烈な印象がある。
ゲームオブスローンズはベルセルクに比べると圧倒的に性描写が多い。
両方のファン数人に質問してみたけれど
片方のファンはもう片方の作品を見てもいない。
作品名すら知らないことも多かった。
メンタリストとかサイクとかシャーロックとか
マイルドな描写の解決モノが好きーという人はいた。
二次元と三次元の差はとても大きく
クロスオーバーすることはとても少ない。
他人の趣味嗜好は聞けば聞くほど本当に興味深く面白い。

ゲームオブスローンズの動画配信は長く現実にならなかったが
今春からHuluで配信が開始された。
しかもシーズン5まで一気に見れる。
さすがHuluJapan。
米ドラマが好きな人が多いんだな。
ゲームオブスローンズの面白さを知ってほしいという気持ちが伝わる。

終了まで人気は出ないと思うけれど一応…
ゲームオブスローンズの魅力と言われているのは
暴力的なシーンの多さと過激な性描写。
ただ、グロさでは敵を人間扱いしているという点では
ウォーキングデッドの方が上。
ストーリーが進んで、ラムジーが出てくるといい勝負になるけど
そういうのが見たい人は20時間以上待たなければいけないので
時間を浪費するだけだと思う。
個人的に魅力だと思うのは
オタクの心をくすぐる複雑な相関関係と登場人物の多さ。
数えきれないほどの視点人物がいて
いくつもの場面が同時に進んで行く。
私もオタク気質なので
疲れているときにこういうのを見ると良い気分転換になる。
そうじゃない人は手を出さない方が良いかも。
少なくともシーズン6終了までは誰1人幸せになれないので
良い話を聞きたい人は見るだけ時間の無駄。
ここまで話を複雑にしても
チープさがないのは見ていて気持ちが良い。
あと、ギャラクティカなんかが好きな人は
SFじゃないとか言わずに是非見てみてほしい。

しばらく見てもらうと
「米人ってオタクが多いのね」
ということがわかります。



スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。