The Dramanians 海外ドラマを真面目に見るブログ

2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月
      
≪ 前月 |  2015年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Hell on Wheels輸入&鬼平輸出作戦。

世界的な著名人を扱った作品でない限り
時代物を海外で営業するのは至難の業。
さらにドラマとなるともっともっとハードルは上がる。

例えば『戦国時代』と聞いてイメージすること。
国盗り、下剋上、戦争、刀、甲冑、織田信長…
『徳川家』『江戸』『明治』などなど
単語を聞いただけでイメージできることが、
日本人の私たちにはある。
そしてそれはどこの国にでもあること。
織田信長について日本人同士で語るのは容易いが
海外の人に同じように伝えるのは無理だ。
美しく言えば時代物は自国民の心を映している
もしくは時代物は箱庭的。
だからと言ってそこから出ても上手くはいかない。
だから開拓時代を描いたデッドウッドも
禁酒時代を描いたボードウォークエンパイアも
バイキングもターンも
未だソフト化されるほどの人気は出ない。
実際ソフト化されても人気は絶対出ない。
絶対。

時代物のドラマでも日本で人気が出ることがある。
解決ものと人間ドラマがそれに当たる。
時代背景への理解や予習が必要なく
作中で語られる内容で十分楽しめる。
ダウントンアビーなどがわかりやすい例で
シーズン3までソフト化されたが
それでもファン数や知名度に比べて
予想したよりかなり遅かった。
それが時代物の現実。
Hell on Wheelsなどもそれほど予習を必要としない。
米西部開拓時代を舞台に
経済の中心地だった東部と結ぶ鉄道を作る物語だが
特別史実に忠実でもなく、キャラクターも濃いし
日本でもウケると思うが
ソフト化はされないだろう。
それが時代物の現実。

私は子供の頃から日本の時代劇が大好きだ。
日本史で良い点が取れたこともないが
それでも時代劇は十二分に楽しめた。
鬼平、金さん、銭形平次、大岡越前から
眠狂四郎、剣客、必殺、斬九郎、八丁堀。
特に鬼平は輸出してそれなりに成功できると期待せずにいられない。
時系列の背景の説明もあまり必要なく
殺陣のシーンもあるし、キャラクターも濃い。
盗賊の名前も英訳すると面白そう。
これらの時代物には日本の現代劇にない華がある。
深く考えずただ魅せてくれる。
それは米英にも通じる魅力だ。
日本のテレビ局の方々には是非ご一考いただきたい。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

HBOの岐路

配信開始から人気爆発中のデアデビル。
放送開始以降、絶対的な人気を誇っていた
ゲームオブスローンにさえ迫る勢いを見せている。
GOTの新シーズンにほぼ被せての配信ということで
よほどの自信があったのだろうし
制作側の気迫を感じていた。
実際作品を見て「そりゃそうだわな」といったところ。
ここまでくれば必ず日本に上陸するので
お楽しみに。

それに2015年にあって
アメコミの実写化でコケるというのは
もう許されないという空気がある。
シーズン途中でやや失速したという程度でも無理。
ミッドシーズンでそれなりの人気があったエージェントカーターですら
来季の制作が未定というのがアメコミ実写ドラマの現実。
さらにデアデビルの登場でゴッサムもフラッシュも
来季へのプレッシャーはものすごいだろう。
ここへ来てHeros:Reborn…制作側の恐怖感が伝わるようだ。
今からでも遅くない。
落ち着いて考え直せ、NBC。

デアデビルに迫られても
ゲームオブスローンのファンは強固だ。
それにすそ野も広い。
新シーズンの視聴者数もまた更新したばかり。
コケても急に打ち切りになることはあり得ない。
しかし、HBOにとっては手放しで喜べない。
True Detectiveに着手したあたりから不穏な空気があった。
HBOが刑事ものを手掛けるという点で
なんとなくもやもやしたものがあり
ブレイキングバッドを超えたいだけのような印象を持っていた。
作品は作品で面白かったけれどエミーは逃した。
そしてそのTrue Detectiveの新シーズンの放送開始も押している。
90年代後半からドラマ界を引っ張ってきたHBOを
「いちケーブル」と扱うには気が引けるが
まぁ時代は巡るということか。

Heros: Rebornの謎っぽく見せているの予告動画。
このところのNBCの絶不調を見ると
中身を見せるのが怖いだけなんじゃ…ホントまだ遅くないよ。
未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

iZonbie アイゾンビ

The CW(2015年)

ゾンビになってしまった優秀な医者が
食生活を維持するために監察医に転向する解決モノ。
アイディアもルックスもポップでキュートだが
軽快で展開も早めで嫌いな人がいない。
ナレーションも爆発も淡々としていてうるさくない。
主人公はゾンビで主食は人間の脳。
食事シーンはグロテスクだが
賢くユーモアもあって良くしゃべる姿はかわいらしい。

それもそのはず。
制作はチームヴェロニカ・マーズ。
不思議なほど不快感がなく荒探しする気力を失うほど
好感度が高いのもヴェロニカと同じ。
すでに米本国でも人気があり評価もそれなりに高め。
ボーンズ、サイクあたりが好きな人は必見。
よほど途中でおかしなことをしない限り
来季の制作も約束されている。

主演ローズ・マクアイヴァーはニュージーランド出身。
ワンスアポンアタイムのティンカーベルでお馴染み。
ゾンビメイクから素顔がわからないので
わからない人も多いかもしれない。

日本への上陸は100%。
若い世代がターゲットだが
家族で老若男女見れます。

未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Bloodline

Netflix (2015年)

観光業を営む裕福で幸せな一家を舞台に
放蕩者の長男が帰ってきたことによって
様々な事件が起きる物語。
近い将来起きる事件の映像をチラ見させて
今現在の状況をドラマチックに描く。

雰囲気は至って暗く重い。
人に知られたくない傷をほじくり返したり
見ないふりをしていた過去が明らかになっていき
悩み苦しんで理性を失っていく
オーストラリア系人間ドラマ。
非現実的な展開が一切ない群像劇で
コツコツと事実を積み上げていく。
ここ数年徐々に人気と知名度が出てきて
今年に入ってから、ネットワークですでに2本も
オーストラリア原産のリメイクが放送されている。
人気俳優を配役していることからも
期待の高さが見られ
しばらくこういた類の作品が出てくる模様。
こちらの作品も早々とシーズン2の制作が決定。
ネットワークの2作品よりずっとしっかりした作りになっており
1話1話が充実している。
重く暗く遅いけれどグダグダ感は一切なく
全てが必要なシーン。

主演はカイル・チャンドラー。
出世作Friday Night Lightsの役のイメージに近く
物語を見やすくしてくれている。
さらにオーストラリア人俳優ベン・メンデルソーンが素晴らしい。
実質は彼が主演のようになっている。

Netflixの上陸で日本でも見れるかもしれないけれど
日本でウケる気がまったくしない。
米国作品で似ている構成をしているのがダメージ(グレン・クローズ)や
How to get away with murderなどがあるが
それらよりは数段人間ドラマに比重があるので
展開が遅く重く感じるはず。
出演者は日本でも知名度がある俳優もいるものの
主演のカイル・チャンドラーは
彼の一大出世作でもあるFriday Night Lightsを放送していない日本では
人気が出る気がしない。
もし今秋のNetflixの上陸の際にBloodlineを配信する予定なら
Friday Night Lightsも一緒に配信されることを切望する。
ただ、面白くないわけでは決してないので
興味のある人は肝試しだと思って最終話までチャレンジしてほしい。

未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

4月期:海外ドラマパトロール

☆☆テレビ系☆☆

【 FOX 】
Empire 成功への代償
 →サタデーナイトライブのホストでも
   クッキーをやらされるほど人気のタラジ・P・ヘンソン。
   頑張って営業してくれてるみたいなんで、ソフト化もありそうですね。
クレイジー刑事Backstrom
  →邦題はつくと思っていたけれどクレイジー刑事ときたか。


スターチャンネル
クロスボーン
 →やめとけばいいのに。
ダウントンアビー(シーズン4)
 →DVDがシーズン3までなので最速の放送。
   NHKでシーズン3が放送中の模様。


AXNミステリー
The Game
 →人気の若手トム・ヒューズ主演のシリアスなミステリー。
   損した気分にはならない良作。


Dlife
★How to Get Away with murder
→放送が終了したばかりの人気作が登場。
  いつもDlifeには驚かされる。


スカパー
こちらでもクロスボーンズが見れます。
まぁ確かに私も見る前は期待していたっけな。
★レイ・ドノヴァン(シーズン2)
★ゴッサム

☆☆動画配信☆☆

U-Next
★Necessary Roughness ダニーのサクセスセラピー
Unextの選択も結構不思議。


hulu
★12モンキーズ 
 →映画とは別物の噛み砕いたやさしいSF。
  それなりに面白いです。
★ザ・ブック~CIA大統領特別情報官
 →HuluJapanの選択は結構好きなんですが
   たまに趣味が違うこともあり。  


dビデオ 】
名前を改めdTVになるそうです。
数か月前に見たときより作品数が数倍増えたように見えるのは気のせい?
★野心の階段 House of Cards
 →ケヴィン・スペイシー主演でリメイクされた名作。
  リメイクにはない背筋が寒くなるような気味悪さが最高。
  オススメの1作。
★スリーピーホロー
★ファインダー Finder
 →本国米国では早すぎる打ち切り作品の上位の常連。
★How to Get Away with Murder
 →Dlifeでも放送する予定とのこと。
  それにしてもポスターが任侠映画みたいで面白すぎる。
★ダラス(シーズン2)
 →どれくらいの人が見ているのか気になって仕方がない。


【 Amazonインスタントビデオ 】
★24 live another day
 →初期のファンには少しショックな出来栄えかも。

未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Daredevil

Netflix( 2015年)

ネットフリックスにもアメコミが登場。
今のところはマーベル系の4作を
クロスオーバーせさる贅沢な構想があるとのこと。
第一弾がデアデビル。
今秋上陸が予定されているネットフリックスが
これを土産に持ってきてくれると期待している。

個人的には革命的な作品だった。
今まで女性や年配の人に
アメコミの実写化作品を薦めるのは気が引けた。
結構気に入って見ていたゴッサムでさえも
薦める人を選ぶ必要を感じていた。
しかし、これは少なくとも女性には大声で薦められる。
90年代のトレンディドラマが好きだった人にも
ウケそうな予感がする。
30~50代がターゲットなのかもしれない。

NYヘルズキッチンを舞台にして
街の治安と繁栄を願い活動する人たちの姿を描く物語。
マーベル系のヒーローものとは少し違う印象だが
それを上手く表現できている。
主人公は幼少期に事故で視力を失い
トレーニングの末、視覚以外の感覚が発達。
善悪の戦いでは全くなく
どちらの正義についても
その美しさと異常性、葛藤をはっきりと描いており
先読みができない展開をしている。
普通の人としての意見を言う登場人物も多く
ヒーローに懐疑的な人の代弁者になってくれる。
もちろん、なぜそんなことができるんだ?という
アメコミ的な演出も忘れていない。
映像も内容も暗めだが
激しい戦闘シーンですっきり帳消し。
音楽も文句なし。

クリエイターはスティーヴ・S・デナイト。
バフィーやエンジェルで活躍した作家であり
両作品が好きだった人は必見。
主演はチャーリー・コックス。
アメコミ実写化作品初の外国人主演ということでも
話題になったようだ。
器用で優秀な俳優だけれど
あまりにもパピー系のアイドル顔なので
若いころは使いにくそうな印象が強かった。
これから活躍が大いに期待される。

また、驚いたことに
Wikiの日本版にすでにこの作品が登録されている。
こんなことは滅多にない。
日本上陸が楽しみ。


ちなみにシリーズ自作はA.K.A.ジェシカ・ジョーンズ。
コスプレが似合いそうなクリスティン・リッター主演で
デイヴィッド・テナントに加え
キャリー・アン・モス出演が決定。
出演陣を見ると30代以降の男性に受けそう
制作を見ると女性に受けそう。
楽しい作品になる予感。

未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Empire シーズン1最終話

FOXの絶好調ミュージカルドラマ『Empire』が
シーズン1のフィナーレを迎えた。
ドラマのサントラも全米1位を獲得。
世界的ヒットメーカーが手掛けたこと、
さらに次男ジュマール役のジェシー・スモレットの人気と話題性などもあり
マドンナのオリジナルアルバムを首位から引きずり落とした。
日本でもすでに3月からFOXチャンネルにて放送開始。
本国でこれだけサントラが売れているのは強い。
DVDなどのソフトも遅くとも今年の秋には発売になるのではないだろうか。

同局はGleeの放送局でもあり
先日シーズン6でシリーズの最終回を迎えた。
00年代のミュージカルドラマをけん引するFOXにとっては
最高のタイミングだったと思う。
Gleeとはタイプがまったく違うものの
Gleeの一定のファンと新しい視聴者の掘り起しができて
制作側は大満足だったのではないだろうか。

個人的にも過去1年でスタートしたドラマの中では
一番気に入った作品でもあった。
サントラのバラードなどをバンバンかけると
日本でも驚くほどヒットして
朝の情報番組で取り上げられるほどになれる素質がある。
ここまで人気が出ると既に決定しているシーズン2の展開が不安になるが
今は作品の成功を喜ぶことにする。





未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。