The Dramanians 海外ドラマを真面目に見るブログ

2014年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年11月
ARCHIVE ≫ 2014年11月
      
≪ 前月 |  2014年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Outlander

STARZ (2014年)
HuluJapanで取り扱いを始めてしばらく経つけれど
個人的な予想よりは盛り上がらなかった。
ポスターのスコットランドの衣装が
いかにも西洋史っぽくて
女性視聴者が敬遠したのかもしれない。
Huluの会員数も伸びてないだろうな。

過去から過去へのタイムトラベルの物語なので
歴史に興味があればあるでいいし
歴史に興味がなくと面白さはさほど変わらない。
今ならリベンジとかスキャンダルあたりが好きな人は
ハマる要素は十分にある。
原作はロマンス小説であり
基本的に男性受けするキャラクターがいないし
女性主人公の語りが多い。
本人が批判されるのは『女性だから』という理由が多く
本人は至って美しく能力も高いというのは
90年代の米ドラマを見てきた40代前後の女性にも受けがいい。
さらにこの辺は男性の隠れファンも多い。
最後に主人公が勝つという法則はつまらないこともあるけれど
安心して見れる要素ともなれる。

アニメが視聴上位にたくさんあるのは米Huluも同じ。
Outlanderの人気を上げたいとすると
米とは違う手法がいくつも必要だと思う。
それでもこの作品を持ってきてくれたことは評価したい。
引き続き頑張って欲しいです。
スポンサーサイト
未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)

Constantine

NBC (2014年)
アロー、フラッシュ、ゴッサムと
アメコミ実写化作品が人気の米ドラマ界だが
今度はNBCから登場。
オカルトの探偵業を営むエクソシストが主人公であり
キアヌ・リーブスで映画化もされている作品。
主人公の設定だけ見ると
一番日本で受けそうな印象だし
アメコミ・映画の人気もあり、期待をしていた人も多かった。
FOXのゴッサムにぶつけてきたと思うけれど
気合の入り具合は圧倒的にゴッサムの方が上。
嫌みのない忠実性と新鮮さは制作陣の自由度が高いように感じるし
視聴者を次回に引っ張る力もゴッサムの方が強い。
コミカルなシーンとシリアスなシーンの境目に違和感があり
構成が粗く見えてしまう。
脚本はデイビッド・S・ゴイヤーなので
勢いで粗さをカバーしてしまうような、
もう少し思い切った弾け方を期待していたけれど
なかなかうまく乗り切れていないように感じる。

今期はNBCがズタズタなので
この作品くらいは…と思ってレビューを引き延ばしてきたけれど
エピソードが進んでも変化する様子があまりないので残念。


未分類 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。